pasu.png
吉田康弘 『究極のパス上達理論』 〜正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント〜 [YY0001]

2013年02月21日

引き寄せの法則

今日はサッカーとは関係なし。
スピ系な話なので、興味のない方はスルーしてくださいませ。



私が若いころから、とても影響を受けた大人の方がいます。
とても素敵な女性です。

「ピンキーちゃん、この世に偶然なんてないんだよ」

って、よく教えてくれました。
これは、とてもつらいことがあった時に
大きな糧となりました。

偶然じゃなく、必然的に、私を磨くための
出来事なんだ。
そうやって乗り越えることを学びました。


最近は、引き寄せの法則とか
ストコーマとか、波動、なんて言葉によく出会います。


そして、看護師していてもアロマセラピーしていても
どちらもスピリチュアル、
つまり、「魂」を意識する場面が多くなったなと感じています。

そして、ますます自分自身が
「引き寄せの法則」に驚くことが多くなりました。

たとえば・・・・。
ターミナルケアで患者様の看取りにかかわることが多いのですが
私の予期せぬところで、その方が心臓の鼓動を自ら
止めてしまったと感じたとき。そのメッセージを受け止めきれず
自分自身悩んでいました。
私自身にグリーフケア(悲しみのケア)が必要でした。

すると、ずっと前から参加が決まっている看護協会の研修が
「穏やかな看取りのケア」だったのです。
私にとってはこの時、これほど聞きたい講義はありませんでした。
私が必要とすることは、ちゃんと向こうからやってきたのです。

大きなことから些細なことまで。
気づくことを意識すると
いろんなものが
私のところに引き寄せられていることがわかります。

必要なものはきちんと私のところにやってくる、
そんな風に考えると、一つ一つの出来事が偶然でないことが
私の中では明らかになってきました。



たとえば・・
最近けん玉にはまっている息子は年末頃
けん玉がほしいな〜って思っていました。
今は日本けん玉教会のシールが張られたけん玉を
持っていますが、当時は持っていなかったので
ひたすら学童保育でけん玉を借りて練習していたのです。
毎日のようにけん玉をしていて、たぶんその熱中度は
一番強かったのではないかと思います。
そして、学童のお楽しみ会でビンゴがありました。
いろんな袋や包みがあったそうですが中身はわかりません。
そして、ビンゴになった順番に、景品をもらい
中身もわからない包みの中は、と〜ってもほしかった
「けん玉」だったのです。
学童の先生は
「すごいねえ、一番これをほしがっていた人が
あてたねえ。」
そんな風に言ってくださいました。

一番ほしがっていた人に
引き寄せられたけん玉くん。


これぞ引き寄せの法則・・・・

「運命は偶然ではなく、あなたの選択です」
         by ウィリアム・ジェニングス・ブライアン

だとするならば、自分が自分の意志で選択し、運命を引き寄せている
って言えるのでしょうか。
何かに夢中になったり、何かを知りたがったり、憧れたり
ほしがったり・・・そういう感情や波動が、物事を引き寄せてくれる。

だから、心の在り方を大事にし、よいものを引き寄せたい、
そんな風に思う今日この頃であります。


posted by ピンキーママ at 21:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

努力する才能・・持ってないな。でも、

努力する才能。

長友選手がいつだったかインタビューで答えたのが、
「自分にはサッカーの才能はないが、努力を続ける才能はある」
という言葉。


彼ほどの選手が、自分にはサッカーの才能はないというのであれば
凡人代表の私などは「長友に才能がないというのなら、私はいったい何なんだ・・・」
ってことになろうかと思います・・・。


が、努力を続ける才能がない私にも、物事を楽しむ才能はあるかも。

サッカーの才能も、努力する才能も、
アルだかどうだか・・・のわが息子。
彼も、

楽しむ才能はあるようです!!


昨日のストリートサッカーを楽しんで楽しんで楽しむことで
大好きになりうまくなる、的な記事を書きましたが
楽しむ才能についてこんな言葉があります。


 天才は
 努力する者に勝てず、
 努力する者は
 楽しむ者に勝てない


こりゃ、どうゆう意味?

楽しんで努力するものは天才にも勝てるってことか?

んじゃあ、まずは、楽しむ才能を磨き
何事も楽しむことから始めていいよね。
posted by ピンキーママ at 21:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

魔法の靴を履いたなら

昨日、ドリブル「突破」することを楽しみつつあると記事にしましたが、
その続き。

何度やっても、抜けない、ボールを取られちゃう。
毎回毎回。
あ〜〜あ・・
とどれだけ溜息を繰り返したか。(私が)
ところが・・・
実は、「魔法の靴」を履いたら
その日、スクールで急に成功したんです。
ドリブルで抜くということに。

やった==!!

黒いミズノのトレーニングシューズ。
実は、3つ前のクリスマスのころ、
おんなじチームの先輩にいただいて、はける日が来るのを
まだかまだかと待っていた靴なのです。

その先輩は現在6年生の は〇と君。
遠い他県に引っ越してしまったのですが
先日のバーモントカップ全国大会に、
県代表で東京に来ていました。
チームの先輩の活躍、聞くと本当にうれしく誇らしい!!

そんな は〇と君のトレシューにいったいどんな魔法が
かかっていたのでしょうか?

たまたまとか偶然なんて思わないでくださいね。
たまたまとか偶然なんてロマンがなくてつまらないもん。

3つ前のクリスマスのころから、きっと魔法はかかっていたんだと思います。

「なにがあってもあきらめないで頑張ってごらん。
それができたら、この靴を履く日が来たとき、
あ〜努力してよかったって、思うから。」



posted by ピンキーママ at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

カレンダーあと一枚とちょっと

お久しぶりの更新です。

日付を見ると前回6月ですもの。半年近く更新知らず・・・。
こんな私のつぶやきブログですが、
なんと更新ゼロを更新中の昨日、アクセス確認いたしましたら
70人ほどの方がお越しいただいていることがわかり
驚きました。
ありがとう&ごめんなさいです〜。

半年を数行で要約するとですね・・・
チームの方はご存じのとおり、今年の始まりと、夏に
足首の剥離骨折を経験し、それぞれ数か月単位で
通院リハビリ練習不参加のさみしい日々を送りました。

実技ができない分、本やDVDでイメトレ大作戦でした。

意外だったのは
どんなサッカーの教科書のようなものを見るより
キャプテン翼のDVDがいちばんモチベーションを上げ
顔を輝かせていたことです。

これで顔を輝かせていたってわけじゃあないけれど・・・・
これを見て思い出してみましょっ!

いかがでしたでしょうか?



ちょうちょさんば〜ちょうちょうさんばっ
じぐざぐさんば〜、じぐざぐさんば〜って

私が小さいころ弟と夢中で見ていたキャプテン翼ですから。
時代を超えて楽しめるなんて、すごいぞつばさっ!!

で、9月からやっとチームの練習に復帰してぼちぼち。
剥離骨折におびえながらも、練習、試合に復帰でき
少しずつ少しずつ頑張ってきましたが、先日ですね、
今度は首を痛がり頚椎の亜脱臼を疑われカラーをつけて
ヘッディング禁止になってしまいました。

今年は故障に悩まされる1年でした。

幸いCT,レントゲン上、亜脱臼は否定され
1週間の首の安静で(保てるわけがない)
カラーはハズれ、サッカーOKのお許しが出ましたが・・・

って感じで超訳すると
正月→剥離骨折→リハビリ→復帰→剥離骨折→リハビリ→復帰
                         ↓
                  今 ←   頚椎の亜脱臼(疑い)

どこから話そうか?カレンダー1枚とちょっとの間に
半年分のエピソード、穴埋めしたいと思います〜ふふ。

posted by ピンキーママ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

本田理論「ボールと寝ろ」


先日のW杯最終予選、ヨルダン戦でハットトリックを決めて、
オーストラリア戦(ちょっと納得いかないジャッジ、
まんさいでしたが・・)では、貴重な1点のスーパーアシスト。

持ってる男

だな〜と、見ているこちらも胸が熱くなる試合でした。
(オーストラリア戦は、はあ?と思うようなジャッジばかりで
正直びっくりしましたが・・・・。)

どや顔好きにはたまらない↓
jap12060905070008-m1.jpg

そんな持ってる男、本田選手は
今年5月、左ひざのケガが癒え、9ヵ月ぶりに日本代表復帰しいるんですよね。
その彼のビックマウス語録に、

「おれは常に前進している。右ひざを手術したことで、
その時点から新たな本田になりえた。
前の本田に戻る気はない。新しい本田を、ここから作っていく」

っていうのがあるのですが聞いたことありますか?

わが息子も4月から練習に復帰しており、
こんな強い気持ち、どうしたら持てるのかな。って思う。

怪我をしたあとだから走れない。
思ったようにサッカーできない。
そんな泣き言わないけれど、心のどっかで
思ってるんじゃないか?というシーンを
目にすることもあるなあ。

あきらめちゃってるようなオーラが出てるとき。

そんなときは

俺は常に前進している。
怪我をする前に戻る気はない
新たな俺になり得た



そんな風に考えちゃってもらいたいな。


今日、監督からこんな記事が送られてきました。


ボールと一緒に寝ろ! 日本代表のMF本田圭佑(26=CSKAモスクワ)が15日、自身が開校するサッカースクール「SOLTILO」を電撃訪問し、独自の理論を教え込んだ。大阪市東淀川区の井高野フットサル場で行われた幼稚園児と小学生を対象として行われた練習にサプライズ訪問。約100人の子どもたちから大歓声で迎えられた。約1時間半、一緒にミニゲームをした本田は「俺が君たちの頃はサッカーボールを枕にして、一緒に寝た。プロになりたいなら、毎日練習しなさい。ずっとボールを触っていることが大事やから」。さらに「ボールだけを見るのではなく、相手のいないスペースを見なさい」などと教え込んだ。13日に日本代表のオーストラリア遠征から帰国したばかり。未来の代表育成のために、疲労をものともせずに精力的に動いた。【益子浩一】

 [2012年6月16日7時58分 紙面から


本物に触れたこどもたち、本物のもつオーラ、言葉、
肌で感じ、びびっときただろうな〜。
それにしても、本田選手、眠るときまでサッカー少年だったんですね。

ボールを触らない日はほとんどない息子ですが
眠るときはボールでなく抱き枕抱いてますし・・・・。

明日は晴れて練習できますように!


posted by ピンキーママ at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
サッカー少年と親のための読本はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。