pasu.png
吉田康弘 『究極のパス上達理論』 〜正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント〜 [YY0001]

2014年12月17日

ドクターXにかぶれている

朝、6時半、
「起きなさい!!!!!」

最近は全く起きれず、朝練にも出かけていかない。
まあ、インフルエンザ明けってことで、
凍てつく寒さ(大げさ)で6時半まで起こさなかった。

起きなさい!!!!!!!!!!が大音量になり
やっとお目覚め。
・・・で、一言

いたしません




・・・・・・・・・

20141106_1_01.jpg

あなたドクターXですか?

母に言われて答えるならば、
Q0590103_m.jpg


こっちだろ。

それにしても、このドラマ、おもしろ〜い!
もうすぐ終わってしまうのが残念でなりません。
医療従事者なので、この手のドラマは興味津々。
どうしても見ちゃうんですよねえ。
 封建的な病院内での
人々のたくらみや陰謀もさることながら
私の見どころといえば・・・
米倉さんの美脚、
天下一品。私ランキングで、数ある芸能人の中で
ハート(トランプ)最高の脚ハート(トランプ)と思っています。

いたしません、(言ってみたいと思いませんか?)

御意(ぎょぎょっとかふざけてるみたいにしか聞こえない)

本当は「おっしゃる通り」って意味らしい。

決め言葉のトリはやっぱり

私、失敗しませんから。

どんだけメンタル強ェェのォ〜〜〜〜!!
そこを見習おう。息子よ。


サッカー少年と親のための読本はこちらから



■ランキング■

少年サッカーランキングに登録中です!!

♡クリックぷり〜〜ず♡


揺れるハート

どうかよろしく〜〜わーい(嬉しい顔)

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

にほんブログ村

posted by ピンキーママ at 10:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

魔法瓶とスポーツドリンク

昨日、お義母さんから電話があって、
読売新聞で見たんだけど・・・って。
まず、読売新聞から以下引用


容器の銅溶け 中毒の恐れ

 金属製の水筒ややかんで、スポーツドリンクや乳酸菌飲料のような酸性度の高い飲み物を長時間保管しないよう、東京都が呼びかけている。
容器内部の傷や付着物が原因で銅が溶けだし、吐き気などの中毒症状を起こす可能性があるという。
都健康安全研究センターは、酸性飲料で銅が溶けだしたことが原因とみられる中毒の事例として、2008年2月に都内の児童6人が頭痛や吐き気を訴えたものと、10年3月に岡山県内の保育園児15人が吐くなどしたものの2件を把握している。

 都内の事例は、粉末を水で溶かすタイプのスポーツドリンクを水筒に入れていて、中毒症状を起こした。保健所で調べると、飲み物からは高濃度の銅が検出された。水筒の内部が破損しており、通常では飲み物が直接触れない保温構造部分から銅が溶けだしたとみられるという。
岡山県内の例は、やかんで作った乳酸菌飲料を飲んで症状が出た。こちらも高濃度の銅が検出された。やかんはアルミニウム製だったが、長期間の使用で水道水などに含まれている銅が内側に付着し、飲み物を入れたことで溶けだしたと推定した。
銅は酸に溶けやすく、過剰に摂取すると、吐き気や下痢などの中毒症状を起こすことがあるとされる。同センターは、「破損や腐食がある容器に、乳酸菌飲料やスポーツドリンク、果汁飲料などの酸性度の高い飲み物を長時間入れておくと、思わぬ事故につながる可能性がある」と警告。水筒などの使用上の注意や、容器が劣化していないかを確認するよう勧めている。

(2013年6月24日 読売新聞)


というもの。

恐いな。
サッカー少年で、しかも汗っかきの息子には水筒(今は保冷の魔法瓶)
は欠かせない。毎日のことだけに、少しずつ積み重なる重金属の害は
計り知れない。
で、毎日使ってる水筒を調べてみることに。
1.5Lサイズの魔法ビン2個持っていますが、1つは
象印。 
これとおんなじタイプ
↓ 



「スポーツドリンク対応」って記載があり、
中はフッ素コートが厚い。わざわざ
「サビに強いフッ素コートを2倍の厚さとしてさらに強く!
また、サビに弱かったボトルのフチ部分には樹脂カバーをつけました。
スポーツシーンなど、水分補給が必要なあらゆるシーンにオススメです。」
と謳っているので安心しました。
  しかも、象印さんのサービスは素晴らしいと感じたことが・・。
うちの息子、この水筒を初めて持って行ったその日に、落として
ふたパキっと割りました。
ふただけ購入できないか、象印さん本社に電話すると
無料で送ってくださいました。「1度しか使えなかったので・・
今回は無料で送ります」とのこと。
消費者の心はぎゅっとつかまれましたよ〜。

そして、もう一つがサーモスさん。
こちらの水筒にはスポーツドリンクの記載はなく、どうなのかわかりませんが
劣化するまで使用しなければ大丈夫なのかな?
一度確かめてみようかな。

それにしても新聞の隅から隅まで目を通し、孫の体を気遣ってくれるお義母さんの
思いがいつもありがたい。感謝ハート(トランプ)
posted by ピンキーママ at 10:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

めんどくさいの幸せ

あ〜眠い。

昨日はなかなか寝付けず、結局2時。
で、今日は娘の出動時間に合わせると5時半に起きて
弁当作らないと。めんどくさい。

息子のチームは本日の練習の前に
県大会準決勝のボールボーイをやらせていただくことに
なっており、(ちゃんと出来んのかな〜?)
息子の分と、今日の息子担当のパパの分までお弁当。
めんどくさい。

ま、いいか。私も弁当にしちゃおう〜
めんどくさいけど。

普段の土日は、吹部出動の娘のために
娘の分だけ作っているけど、今日は久しぶりに4人分。P1030440.JPG
このメインの空間に入れるものを考えてなかったんだよお。


結局、冷凍の袋ごとボイルするハンバーグ、
朝から18分もボイルして隙間収納。
P1030441.JPG
あ〜〜めんどくさい。

実は、弁当作りから解放されたらみんなで
豪華客船で旅をするって元同僚と約束してるのです♪

めんどくさいと言ってはいても
あと何年みんなのお弁当作れるのかな?
って考えると
「めんどくさくて幸せ」なのかも。

めんどくさついでに今日の朝食
P1030442.JPG
マジックソルトたっぷりの卵サンド。
3回連続代わり映えしない日曜日のあさごはん。



posted by ピンキーママ at 09:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

日本代表3得点も逆転負け! 日本vsイタリア 全ゴール&ハイライト japan vs italy


朝から香川のくるっとまわってシュートに最高の気分。
岡崎のヘッディング、きゃーきゃー言いながら
勝ちは決まったと思いました。

が、

日本代表3得点も逆転負け・・・


日本vsイタリア 全ゴール&ハイライト japan vs italy




なんて熱い試合なんだろう。
勝たなきゃ意味がないっていう人もいるけれど、
この試合、こりゃ、ブラボーでしょ。グレートでしょ。


というわけで、息子とyoutubeリピート中です。
posted by ピンキーママ at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

日本vsオーストラリア


日本vsオーストラリア前半ハイライト(6月4日)
一番胸が熱くなったのは本田選手のラストのPK、

なんだけど・・

どうしたってボランチびいきの私にはこの遠藤選手の
このシュート!!



惜しかった!
でも、素敵すぎる〜〜〜〜!!

かわしてっシューーーーート!!これって息子(いや、母親か)の夢、決断

県大会で見たいわハート(トランプ)




それにしても本田選手のPK,
いくら持ってる男といえど、
終了ギリギリ最後のチャンス、観衆6万人いや、
日本中が見守るなかで、きっちり決めた
あの強さ。
すごすぎです!!

あの瞬間、決められる人がいるとすれば・・・
私個人的には本田以外にこの人しか浮かばない。

無題.png


以下引用



6.4 W杯アジア最終予選 日本1-1オーストラリア

 日本が5大会連続のW杯出場権を獲得!! 
4日に行われたW杯最終予選で日本代表はホームでオーストラリア代表と
1−1で引き分け、5大会連続のW杯出場権を獲得した。
エースの左足が土壇場でチームを救った。1点ビハインドで迎えた後半ロスタイム。
土壇場で転がり込んだPKをMF本田圭佑がど真ん中に蹴り込み、
日本を5大会連続のW杯出場へと導いた。
PKのシーンについては
「みなさんがかなりプレッシャーをかけてくれたので」
と笑わせた本田だが、
「緊張していたけど、真ん中に蹴って取られたらしゃーないと思いながら蹴りました」

とさすがの強心臓ぶりだ。
posted by ピンキーママ at 20:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
サッカー少年と親のための読本はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。