pasu.png
吉田康弘 『究極のパス上達理論』 〜正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント〜 [YY0001]

2013年02月21日

引き寄せの法則

今日はサッカーとは関係なし。
スピ系な話なので、興味のない方はスルーしてくださいませ。



私が若いころから、とても影響を受けた大人の方がいます。
とても素敵な女性です。

「ピンキーちゃん、この世に偶然なんてないんだよ」

って、よく教えてくれました。
これは、とてもつらいことがあった時に
大きな糧となりました。

偶然じゃなく、必然的に、私を磨くための
出来事なんだ。
そうやって乗り越えることを学びました。


最近は、引き寄せの法則とか
ストコーマとか、波動、なんて言葉によく出会います。


そして、看護師していてもアロマセラピーしていても
どちらもスピリチュアル、
つまり、「魂」を意識する場面が多くなったなと感じています。

そして、ますます自分自身が
「引き寄せの法則」に驚くことが多くなりました。

たとえば・・・・。
ターミナルケアで患者様の看取りにかかわることが多いのですが
私の予期せぬところで、その方が心臓の鼓動を自ら
止めてしまったと感じたとき。そのメッセージを受け止めきれず
自分自身悩んでいました。
私自身にグリーフケア(悲しみのケア)が必要でした。

すると、ずっと前から参加が決まっている看護協会の研修が
「穏やかな看取りのケア」だったのです。
私にとってはこの時、これほど聞きたい講義はありませんでした。
私が必要とすることは、ちゃんと向こうからやってきたのです。

大きなことから些細なことまで。
気づくことを意識すると
いろんなものが
私のところに引き寄せられていることがわかります。

必要なものはきちんと私のところにやってくる、
そんな風に考えると、一つ一つの出来事が偶然でないことが
私の中では明らかになってきました。



たとえば・・
最近けん玉にはまっている息子は年末頃
けん玉がほしいな〜って思っていました。
今は日本けん玉教会のシールが張られたけん玉を
持っていますが、当時は持っていなかったので
ひたすら学童保育でけん玉を借りて練習していたのです。
毎日のようにけん玉をしていて、たぶんその熱中度は
一番強かったのではないかと思います。
そして、学童のお楽しみ会でビンゴがありました。
いろんな袋や包みがあったそうですが中身はわかりません。
そして、ビンゴになった順番に、景品をもらい
中身もわからない包みの中は、と〜ってもほしかった
「けん玉」だったのです。
学童の先生は
「すごいねえ、一番これをほしがっていた人が
あてたねえ。」
そんな風に言ってくださいました。

一番ほしがっていた人に
引き寄せられたけん玉くん。


これぞ引き寄せの法則・・・・

「運命は偶然ではなく、あなたの選択です」
         by ウィリアム・ジェニングス・ブライアン

だとするならば、自分が自分の意志で選択し、運命を引き寄せている
って言えるのでしょうか。
何かに夢中になったり、何かを知りたがったり、憧れたり
ほしがったり・・・そういう感情や波動が、物事を引き寄せてくれる。

だから、心の在り方を大事にし、よいものを引き寄せたい、
そんな風に思う今日この頃であります。


posted by ピンキーママ at 21:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
引き寄せの法則、なんだか、夢があっていいですね。

人間、努力すれば、必ず神様が見ててくれて、報われる。これも、引き寄せの法則?

サッカーも同じですよね。レギュラーになりたい・ハーフをやりたい、だったら、強い心をもって人一倍努力する。

みんながこの気持ちになれば、きっとチームは強くなるんだけど、人それぞれの価値観があるので、難しいですね。
Posted by ケンケン at 2013年02月21日 23:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/324403697

この記事へのトラックバック
サッカー少年と親のための読本はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。