pasu.png
吉田康弘 『究極のパス上達理論』 〜正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント〜 [YY0001]

2013年02月21日

引き寄せの法則

今日はサッカーとは関係なし。
スピ系な話なので、興味のない方はスルーしてくださいませ。



私が若いころから、とても影響を受けた大人の方がいます。
とても素敵な女性です。

「ピンキーちゃん、この世に偶然なんてないんだよ」

って、よく教えてくれました。
これは、とてもつらいことがあった時に
大きな糧となりました。

偶然じゃなく、必然的に、私を磨くための
出来事なんだ。
そうやって乗り越えることを学びました。


最近は、引き寄せの法則とか
ストコーマとか、波動、なんて言葉によく出会います。


そして、看護師していてもアロマセラピーしていても
どちらもスピリチュアル、
つまり、「魂」を意識する場面が多くなったなと感じています。

そして、ますます自分自身が
「引き寄せの法則」に驚くことが多くなりました。

たとえば・・・・。
ターミナルケアで患者様の看取りにかかわることが多いのですが
私の予期せぬところで、その方が心臓の鼓動を自ら
止めてしまったと感じたとき。そのメッセージを受け止めきれず
自分自身悩んでいました。
私自身にグリーフケア(悲しみのケア)が必要でした。

すると、ずっと前から参加が決まっている看護協会の研修が
「穏やかな看取りのケア」だったのです。
私にとってはこの時、これほど聞きたい講義はありませんでした。
私が必要とすることは、ちゃんと向こうからやってきたのです。

大きなことから些細なことまで。
気づくことを意識すると
いろんなものが
私のところに引き寄せられていることがわかります。

必要なものはきちんと私のところにやってくる、
そんな風に考えると、一つ一つの出来事が偶然でないことが
私の中では明らかになってきました。



たとえば・・
最近けん玉にはまっている息子は年末頃
けん玉がほしいな〜って思っていました。
今は日本けん玉教会のシールが張られたけん玉を
持っていますが、当時は持っていなかったので
ひたすら学童保育でけん玉を借りて練習していたのです。
毎日のようにけん玉をしていて、たぶんその熱中度は
一番強かったのではないかと思います。
そして、学童のお楽しみ会でビンゴがありました。
いろんな袋や包みがあったそうですが中身はわかりません。
そして、ビンゴになった順番に、景品をもらい
中身もわからない包みの中は、と〜ってもほしかった
「けん玉」だったのです。
学童の先生は
「すごいねえ、一番これをほしがっていた人が
あてたねえ。」
そんな風に言ってくださいました。

一番ほしがっていた人に
引き寄せられたけん玉くん。


これぞ引き寄せの法則・・・・

「運命は偶然ではなく、あなたの選択です」
         by ウィリアム・ジェニングス・ブライアン

だとするならば、自分が自分の意志で選択し、運命を引き寄せている
って言えるのでしょうか。
何かに夢中になったり、何かを知りたがったり、憧れたり
ほしがったり・・・そういう感情や波動が、物事を引き寄せてくれる。

だから、心の在り方を大事にし、よいものを引き寄せたい、
そんな風に思う今日この頃であります。


posted by ピンキーママ at 21:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

HEY コーチ

昨年11月頃から通っているスクール。

ここに通い始めたきっかけは
怪我の後、しばらくトムバイヤーさんもお休みして
少しずつ練習量を増やしていってるころで、
復帰前に少し慣らしておこうかと・・・

そこで、体験という形で行ってみました。

自信を無くしていたり、行き詰ったりしてた息子を
新しい環境に放り込んでみるのも
刺激があっていいかなと、
誰も知っている人のいないところに行ってみたのです。

知人ゼロ。コーチも初対面。

始まってみると、みんな判断が速くてすごく上手いって
感じました。
したがって遅い息子にボールは1度も回ってくることは
ありませんでした。


知ってる人は1人もいないんだから、
プレイで信頼されるか、ボールを渡したくなる友達になるか
どっちかしかないな、と思いました。

あさはかでしょうか…

プレイで信頼されるのはこの状況で難易度が高いなと思い

「自分から声をかけて友達作ってごらんよ」

って、ドリンクタイムに肩を落とす息子に伝えました。

新しい環境で、自分の居場所を作っていくことは
サッカーでも人生でも大事なとこ。

さあ、どうするかな〜と後半戦を見ていたら



「HEY!コーチ!!」

を連発。

なるほど。コーチ。そうきたか。


超ナイスパスを貰ってホクホクしてきた息子。
そしてそのまま体験から入会し、スクール通いしています。

今ではすっかり自分の居場所。




posted by ピンキーママ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

やっぱすごいわぁ

16日、千葉市大会準決勝。

昨年、県大会優勝したバディさんが対戦相手。

強いのもわかってる。
個人個人がとても上手なのもわかってる。
チームプレイもできている。
パワー、テクニック、チームプレイで県下1!

そんなバディさんを相手に
どんな試合になるのだろう・・・・。って
この日を待っていました。


私は仕事で見に行けなかったので、気になって仕方なく・・・・。

ちょうど緊急訪問で呼ばれ、職場を出るときのこと。
10時キックオフの直前でしたが、強風が職場のドアを壊しました。
私がドアにてをかけると、とんでもない強風がドアを持っていき、建物の突起に激突。

大きく厚いガラスのドアに蜘蛛の巣模様の切込みが入りました。

ありえない、こんなこと。

ありえないことが起こる予感がしました。

もしかして・・・・・勝てるかな?


なんて、試合も見ていない分際で妄想しておりましたところ
1通のメール。

「7-0でした」

って。


すぐ折り返し夫に電話。

「7-0で・・・勝った?」




・・・


なわけないだろ。

だって。


試合を見ていない私だからそんな大それたこと言えたんだね。
あとからみんなに試合の様子を聞いて

・・・・やっぱすごいわあ・・としか言えませんでした。


素晴らしいチームと試合ができて、また、いつもと違う
サッカー場で、いつもと違う空気感の中で試合ができて
子供たちにとっていい経験になったことと思います。

6月の県大会に向けて、走り始める選手のみんな。
応援してるよ!!

市大会第3位おめでとうってここで小さく言っておく。



posted by ピンキーママ at 16:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 公式試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
サッカー少年と親のための読本はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。