pasu.png
吉田康弘 『究極のパス上達理論』 〜正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント〜 [YY0001]

2012年11月29日

ヘッディング禁止ってさあ。

11月に入って、首を腫らしていた息子。

いったい何が起こったのか興味がありましたら・・・
こちらのブログを読んでみてくださいね・・・。

病態については詳しいことは省きますが、 環軸椎亜脱臼(環軸関節回旋位固定)なんて恐そうな名前の状態が疑われ、紹介状を片手に、スポーツ整形を持っている
大きな病院で受診。
緊張しました。

顔を見ると左に傾いてるし、
ま、言うならば



5b84a1ae-s.jpg
こんな感じ。


まず、症状を話して、レントゲンを撮るように言われました。

ふ〜〜〜ん。


当然相当の下調べして受診にいってるので、失礼ながら
ネットで調べた 環軸椎亜脱臼(環軸関節回旋位固定)の印刷物
をぴら〜んと出して
「これじゃないんですか?CTとらなくていいんですか?」とついうっかり先走りました。
後で夫に「いやな客(患者)〜〜〜〜〜」って言われたけど
しょーがないよね。性分だから。白黒はっきりしてほしいし。

で、「レントゲン見てから考えます。」といわれ

で、「やっぱりCTとりましょう」ってちゃんと話は進み


結果、頚椎の左右の空間の幅が違うことがわかりました。
風邪のウィルスや菌による炎症で圧迫されているのか
ヘッディングなどにより衝撃でずれたのかは、はっきりしませんが

「1週間首の安静」でカラー装着。
そして、その間「サッカーやってもいいけど走らないこと、あ、あとヘディングは禁止ね。」

「ヘッディング禁止」ってさ・・・

走らない、はねない、ヘディングだめ〜〜って、さっかーなんかできないじゃんっ

というわけで潔く1週間サッカー休みました。
1週間後の再検査で、左右の空間差が小さくなっていて
首の痛みと首の傾きがよくなってきたので、
無事にカラーが外れました。

結果的には 環軸椎亜脱臼(環軸関節回旋位固定)ではなかったのですが
同じように首を痛がり、首が傾き、でも寝違えたと思って放置し、
完治が遅れる場合があるそうです。
サッカーはコンタクトスポーツでもあり、元気なときだって
危険なことはありますよね。
実際亜脱臼していたとして気づかずにプレイしていたとしたら・・・・・

って考えると恐い。

ヘッティング禁止令、でたらしっかり守ります、これからも。











posted by ピンキーママ at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカーと怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

肉体改造小3のくせして

肉体改造する小学生なんていますかね?


最近息子の体についてよく質問されること。

「肉体改造したの?」

って。




いやいやそんな覚えはないんだけど。
はっきりいって


太っただけ←小さく言っとく

じゃあないの?


怪我でロングバケーション(??)すること多くて運動不足だったのか
気が付いたら細マッチョ(腹筋われてた)から厚みのある

がっちり系に変身。(よく言えば)
言われてみると、肩も腕も足もなんかがっちりした。

(が、ぽっちゃりしたといえなくもない。)

確かに足が使えない分、腕立てとかやらされてやってたけど
それで厚みがこんなにつくか疑問???

小3のくせして肉体改造なんて、かっこよすぎてちょっとずるいし。
いっかー!、子供らしくお菓子とごはんいっぱい食べて
太ったって。
いやいやしっかりご飯作って
肉体改造、これからだ〜〜。



子供の肉体改造なんて心配してるどころじゃアない俺様はこっちをどーぞ

posted by ピンキーママ at 19:19| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー上達するために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

あいつをマーク

今日は千葉市ミニサッカー大会。
フレンドリーでしたので、メダルなどはありませんが
負けられない!


私は最後の試合しか見に行けなかったので
朝のうちに

「今日はどんな目標?」

って聞いておいた。

「今日はさ、おれ、あいつをマークしろって言われたいんだよ。
〇番(背番号)マークだ!!って言われるくらい頑張りたいんだよ」

だって。


かーわーいーいー。





でもさっ

忘れ物とおしゃべりではいつもマークされてるよ^^

試合結果は3勝1分け

タグ:千葉市ミニ
posted by ピンキーママ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 公式試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
サッカー少年と親のための読本はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。