pasu.png
吉田康弘 『究極のパス上達理論』 〜正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント〜 [YY0001]

2012年04月17日

サッカーしか思いつかない・・・

今日は息子の授業参観

国語の授業で、「僕の宝物について」のスピーチでした。

教室内にチームメイトも多くいて、
授業参観も(気持ちは)応援みたいでした〜。

サッカー少年の宝物・・みんなメダルとかを紹介するんじゃあない?
って、ちょっと気になっていたんです。
だって、息子の宝物、何を発表するかといえば




「トリコカード」ですから。




そうしたら、みんなそれぞれ、ゲームやカード、いまどき少年らしい
スピーチがきけて内心ほっとしました。
もちろん、優勝した時の盾を紹介してくれた仲間もいますよ〜。


宝物だもんね。


で、放課後のこと。
グランドでチームメイトたちとサッカーしていた息子ですが、
途中で


おなかがすいた


って帰ってきました。
その時に聞いた話。
みんなで何して遊ぶか考えたらしいんだけど、
息子が「何して遊ぶ?」って聞くと
「さっかー」と答える少年。
「次に何して遊ぶ?」と聞くと
「さっかー」って。
「じゃあそのあとは?」と聞くと
「さっかー」
「え〜、ずっとさっかー?」って聞くと

「サッカーしか思いつかないんだ」


と答えたのだそうです。






痺れます。




彼は本当にサッカーが大好きで、「練習の前日はサッカーのことを考えると
わくわくして眠れない。」って、彼の母から聞いたことがあります。

サッカーが好きで好きでたまらない。
サッカーがないと生きていけない、くらいサッカーに夢中。

小さい(若い)うちにサッカーするため海外に行ってしまう子供たちは
もれなく
サッカーが好きで好きでたまらない。
サッカーがないと生きていけない、くらいサッカーに夢中。
なんだって聞いたことがあります。


息子は、サッカーも好きだけど、スイミングも合気道もドラムもやりたい、
なんて興味がばあ〜〜〜〜〜〜〜〜っと拡大中。
どうやら今の息子にとってサッカーは好きなもののひとつという位置づけのようだ。
本当に好きなものに出会ったとき、本当に夢中になれるものに出会えたとき、

それが何であれ精一杯応援したいと思っている。
あ、カードとか言われたら応援できないけど。

「サッカーしか思いつかない」そんな日がくるのだろうか?
それとも、ほかの何かに、目をキラキラさせるのだろうか?


未知数の未来ぴかぴか(新しい)楽しみ揺れるハート


ラベル:こども サッカー
posted by ピンキーママ at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

練習試合、応援日和

今日は昼過ぎから練習試合でした。

残念ながら、私は予定があり遅れて応援に向かいました。

いい天気でしたね〜。
昨日の寒さが嘘のよう。
サッカー日和、応援日和。うふっ
P1000990.JPG


今日は、キーパーも含めいろんなポジションにチャレンジさせて
いただき、とても得るものが多い練習試合だったと思います。
キーパーやバックで広くみんなを見ていることで、見えなかったことが
見えてくることもあるんでしょうね。
キーパーに入ったチームメイトの声掛けが
とても励みになったり、気づいたりできるのですね。

息子はというと、早く走れないながらも、
右をかばった変な走り方はだいぶ良くなって来たように
思えました。
そんな息子の課題は「ただ前に蹴るだけ」じゃダメ、ちゃんと周りを
見て、サッカーしよう、というところかな・・・?。

今日もみんなの、最後まであきらめない

手を抜かない
そんな試合をたくさん見れたな〜と思います。
オーエン!!



ミニで6試合、8人制で3試合。お相手してくださった
MODSさん、蘇我さん、ありがとうございました。

posted by ピンキーママ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー練習試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

右足首の靭帯損傷  

話はさかのぼります。
約3か月・・・。

1月半ば、練習中に右足首を内反させてしまいました。
そのまま転倒しましたが、それでなくともよく転ぶ息子。
その時は何にも思わなかった。

本人もそのあと走っていたし。
寝る前に柔軟はやるほうで、足首も柔らかいので、今まで
怪我らしい怪我はしてこなかったし。


寝る前、痛みが残ってると言っていたけど、熱感、腫脹もなくて
アイシングすらすることもなく寝ちゃった。


で、翌朝。
パンパンに張れた右足首に息をのむ

外側のほう。くるぶしのあたり。熱感も著明。
あわてて保冷剤当てたりするけど、普通に歩けない。
冷や汗でました。どうしよう・・・・・って。
こんなになるまで、一晩放置。受傷後すぐに冷やしてあげることもせず
お風呂まで入ってしっかり温めちゃってるし・・・。

結局登校前に整形受診し、靭帯損傷って言われました。
その後いろんなエピソードがあるのですが、
とりあえず初めの治療は靭帯損傷のための固定。




こんなサポーターを病院で購入しました。

取り外しのできるもので行ったのですが、今思えば
ギプスでがっつり固定してもらうべきだったとも思う。

それから、受傷後のアイシングは肝。あなどるなかれ。
今、練習には必ずアイシングを持参しているし、テーピングで
内反予防をしている。



これをソックス止めで足に巻きつけたりしてる。

靭帯損傷について

足首の捻挫(足関節靭帯損傷)は2パターン

内反捻挫(足首を内側に捻る)
外反捻挫(足首を外側に捻る)


足首は内側の方へ可動しやすくなっていますから内反捻挫の方が圧倒的に起こりやすいそうなのです。

足首の捻挫(足関節靭帯損傷)により損傷する靭帯は、
前距腓靱帯(内反捻挫)
踵腓靱帯(内反捻挫)
後距腓靱帯(内反捻挫)
三角靱帯(外反捻挫・まれに内反捻挫)

です。ちなみに息子は前距腓靱帯(内反捻挫)

靱帯損傷してしまうと、靭帯が支えていた足首(足関節)の不安定性が生じてしまいます。
普通に歩行できず、ひょこひょこと歩くこと数週間。
上履きは片方クロックス。
固定を外してからも足首のぐらついがひどく、片足で立つこともままならず
リハビリの先生に
「足の親指、人差し指に力を入れて」
「バランスボードにのって」
「右足のふくらはぎの外側を鍛えよう」
とか具体的にトレーニングを教えていただきました。
息子の場合は、受傷してバランスが悪くなっただけでなく、
もともとバランスが悪くて転びやすかったのかな?なんてことも思ったりしました。
いずれにしても、とても良い知恵をいただいたリハビリでした。


実は靭帯損傷のみでなく、剥離骨折が併発していたのです。
痛みが取れない原因は剥離骨折が原因でした。
そのお話はまた今度。







posted by ピンキーママ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーと怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
サッカー少年と親のための読本はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。